journal記事

ネットショップをはじめたらしっかり考えたい『送料』の種類と特徴

ネットショップで販売を始めるときに必ず決めなければいけないのが送料設定。

初めての方は送料をいくらにしてよいのか、どう設定すればよいか分からないなどお悩みの方も多いのではないでしょうか?

また、既に設定を終えている方ももう一度送料を見直してみるのもいいかもしれません!送料次第で、消費者の行動も変化していくため、ショップの売上に大きな影響を及ぼすこともあります。

カゴに入れてくれたお客様は多いけど購入比率が低いとお悩みの方もいるのではないでしょうか?そんな場合、送料に問題があるかもしれません。安いと思ってカゴに入れたけど送料を含めると意外と高いな…と離脱してしまうこともあるかもしれません。

つまり送料は、ショップの売り上げを左右すると言っても過言ではないのです。

それでは、適切な送料を決めるにはどのようにすれば良いのでしょうか。この記事では、ネットショップ運営に役立つ、送料の設定パターンや配送方法などをご紹介いたします。

 

通販の送料設定

 

 

送料の決め方

 

ネットショップで買い物をしたとき、みなさんも少しでも安く済むように考えませんか。ネットショップではお客様が納得する送料の設定をしていく必要があります。

しかし、一人でも多くのお客様に買ってもらおうと、送料を全てショップ負担としてしまうと、ネットショップにとっては送料が大きな負担となってしまいます。

だからこそ、送料にかかるコストをおさえながら、かつお客様にとって納得の送料設定を行うことが重要になります。

 

ネットショップで利用できる送料設定は配送パターンを踏まえると大きく5つに分けられます。

いずれの送料設定においてもショップ側、お客様側それぞれにメリットやデメリットが発生いたします。自分のショップには、どの送料設定パターンが良いか決めるための参考にしてみてください!

 

1.送料無料


 

一番シンプルな「全国どこでも送料無料」という設定です。

最大の特徴はお客様にとって商品代金以外のお金を支払う必要が無いので、多くのお客様に喜んでいただけます。また、設定内容がシンプルなため、ショップ側も簡単な設定のみになります。

デメリットとして、ショップ側で送料を負担する必要があるため、商品単価にある程度の送料を含んだ価格設定をすることになります。そうすると、見た目上の送料を無料にすることはできますが、商品単価が高くなってしまう欠点があります。

 

 

2.全国一律料金


 

一番よく見かける送料設定ではないでしょうか。こちらは発送料が明確なことが特徴です。ショップ側もお客様側もわかりやすいというメリット。とくにお客様側は遠方か近郊かを気にする必要がないため、商品を購入しやすい傾向があります。

しかし、注意しなければいけないのはショップ側が実際配送会社へ支払い料金がいくらかということです。たとえば、みなさんが配送代行サービスを利用している場合、その配送代行会社の送料は一律料金ですか?多くは配達地域別・サイズ別の料金かと思います。この場合、購入したお客様が遠方であればあるほど配送料は高くついてしまうため、自社が利用している配送料金の全体傾向を分析して送料を設定しなればなりません。

また、全国一律の場合でも、離島や沖縄特に送料が追加で発生しますので対象から除外するなどして、バランスを取るようにしましょう。

 

 

3.一定額以上送料無料


 

こちらもよく見かけるパターンではないでしょうか?「3,000円以上で送料無料」といったように、一定額の購入をで送料が無料となるパターンです。

このパターンでは、一定額に達していないお客様であっても送料無料の条件を満たすために「ついで買い」で購入点数が増え、お客様あたりの購入単価が増えることもあります。

デメリットとしては、設定の精査が必要な点です。一定額の設定が高すぎればお客様の満足度は低下してしまい、低すぎればショップへの負担増となってしまいます。ショップの単価に合わせた適切な金額の設定がポイントになります。

 

 

4.配送先別の送料設定


 

・関東:無料

・その他本州:500円

・九州四国:800円

・沖縄・北海道:1,200円

 

上記の様に配送先の距離に応じた送料の設定を行うパターンです。

この場合、遠方のお客様、特に沖縄や北海道は送料が高額になってしまいます。そのため、遠方のお客様の満足度は低下することとなりかねません。遠方近郊にかかわらず各地から注文を十分に確保したい場合、この方法を設定するのは難しいかもしれません。

 

 

5.発送方法別の送料設定


 

ネコポス:無料、宅急便:800円など、配送方法によって送料を変えるパターンです。

お客様側は、自分の好きな配送手段を選べるため、送料に納得した上で商品を購入できます。

ショップ側でも、設定された送料を回収できるメリットがあります。一方、お客様によって配送方法が都度変わるため、設定や発送作業に手間がかかってしまいます。

また、複数の配送方法を利用する場合は、くわしい配送内容を商品ページに記載しておく必要があります。

 

 

配送代行サービス

 

 

送料の設定については、各ECショップやモールを見ても対応は各社でバラバラです。

これは販売している商品の単価やお客様の傾向に大きく左右されるためです。つまり送料設定はこれ!という正解はなく、自分のショップに適した送料設定を考える必要があります。

みなさんがネットショップの送料設定を考えるとき、上記で説明したポイントが少しでも役に立てば幸いです。

 

STOCKCREWの配送代行サービスでは、配送料はサイズ別で全国一律(沖縄除く)の料金体系になります。配送料設定がわかりづらいから一律にしたい!と思っている方は是非、こちらをご参照ください!