journal記事

付帯作業(流通加工)とは?- 配送代行サービス のオプション作業-

みなさんのネットショップで商品が売れたとき、様々な工程を経てみんさんの商品は購入者の手元に届きます。

工程のなかの一つが、『付帯作業(流通加工)』です。

工場から倉庫へ納品する場合など決まったルールがあるため止むを得ず行う付帯作業から、商品価値を上げるために敢えて行うもの付帯作業まで、付帯作業は重要な役割を担っています。今回はこの付帯作業(流通加工)について書いていこうと思います。

 

配送代行STOCKCREW

 

付帯作業(流通加工)とは?

 

その昔「物流(倉庫)」は、保管をするだけの場所でした。ここに入荷や出荷する機能が付き、この入出荷のバリエーション(パレット単位→ケース単位→ピース単位)が増え、更に付加価値を追い求め付帯作業が今では当たり前の機能になっております。

この付帯作業が具体的にどんな作業か?どうして倉庫で作業するようになったのか?ここから詳細を紹介します!

 

言葉の通り、商品をさらに付帯・加工すること

 

百貨店やショッピングモール、ECモールなど納品先の独自の納品ルールや、卸業者や小売の拘りや店頭負荷の軽減を目的とした付帯加工もあれば、自らの商品価値(付加価値)をあげるために行う工程です。

たとえば、Amazonの物流センターFBA(Fullfillment By Amazon)へ納品するときに指定の商品ラベルやケースラベルを貼る必要があります。この「商品ラベル・ケースラベルを貼る」ことが「流通加工」になります。

またみんさんの商品が工場から倉庫へ納品されたとき。1つ1つ個装されていない場合、透明な袋に商品を1点づつ袋に入れてから購入者へ発送したい!という要望があるでしょう。そんなとき倉庫で1点ずつ「袋にいれる作業」が「流通加工」です。

 

「流通加工」の目線で見れば今では当たり前に行われている「梱包」も、実は立派な「加工業務」だった時代もあります。入荷や出荷時の検品も「流通加工」と位置付ける物流会社もまだまだ存在します。タグ付けやシール貼りも代表的な作業で、店舗で貼るか工場で貼るかの2択しかなかった時代に付帯加工を行える物流倉庫は重宝されていたのでしょう。

 

 

複雑になる販売網の変化が流通加工の担い手を変える

 

商品を販売するとき、取引先1か所に納品するだけではく、複数の取引先(卸先)へ納品するようになると納品方法も変化しました。その取引先(卸先)に合わせたパッケージやタグ・値札を付ける必要が発生しました。

しかし、作ることが本業の工場では様々な納品方法にあわせたに付帯作業に対応しきれなくなりました。

 

このような背景もあり、保管場所である物流倉庫で、出荷する寸前にこれらの付帯作業を行うことが必然的に最も合理的だと判断されたのだと思います。

ものを保管する倉庫から、より業務範囲が広くなった物流会社が増加しました。そして、工場で製造・保管・発送していた状態から、物流会社(3PL)に外部委託(アウトソーシング)の考え方が定着しました。

 

「餅は餅屋」とも言いますが、こうしてそれぞれが得意分野に特化する役割分担に変化したと言えます。

工場=作る

物流=保管・入出荷・加工

小売=販売

 

 

現代の付帯作業(流通加工)の目的

 

必要に応じた「付帯作業」はまだまだ存在します。

リアル店舗をもつ企業の商品の納品は、店舗負荷軽減を目的としたものが大半を占めます。ECモールへ納品する場合は、専用商品ラベルや専用商品シール、専用の外装シールや納品書、1伝1梱(1梱包に対となる納品書が必ずついている状態)など細かな「指定納品」方法が存在します。

これらの納品ルールは、商品を受ける側の効率や品質を守ることを目的としています。

 

そのほかに付帯加工することで、見栄えをきれいにする、独特なパッケージにする、高級感やサプライズ感を演出する効果など、ユーザーの手元に届いたときに印象に残ることが期待できる付帯作業もあります。

みなさんがネットショップオーナーの場合、自身のショップで購入された商品を購入者へ発送するとき、メッセージカードを同梱したりしたことありませんか?この「メッセージカードを同梱する」という行為は物流倉庫でいう「付帯作業」になります。

 

付帯作業とは?

 

 

ネットショップの付帯作業

 

付帯作業と倉庫の歴史、作業内容について紹介してきましたが、実際ネットショップではどんな付帯作業があるのでしょうか?ここではSTOCKCREWで取扱っている事例をもとに紹介します。

 

 

最も代表的な「包装」という付帯作業

 

包装とは、梱包を含めた商品を何かしらでパッケージングする行為で、見栄えをよくしたりや印象に残るだけでなく、輸送ダメージから商品を守り品質を保つ目的もあります。大きく分けると2種の包装があります。

 

・アウター(外箱や輸送ダンボール)

・インナー(化粧箱や袋)

 

アウター(アウターパッキン)とは、よく目にするダンボールが代表的です。中身を汚損・破損から守る目的もあれば、ユーザーの手元に届いた時に「かっこいい」や「かわいい」といった印象を残せるのではないでしょうか。

STOCKCREWのお客様にも、オリジナルダンボールを利用して届いたときの「かわいさ」からダンボールそのものがSNSにアップされることもあります。

 

インナー(インナーパッキン)とは、商品そのものを包む箱や袋は当たり前ですが、更にもうひと手間加え、届いたダンボールを開けた時に「あっと驚く」仕掛けにもなります。「また注文したい」「友人にも届けてあげたい」と思わせる効果が期待できます。代表例はギフトラッピングです。

 

配送代行サービス利用時の付帯作業について

 

大手と差をつける、同じような商品を扱う競合他社と差をつける、少しでも商品の付加価値をあげたいなど、付帯作業には様々効果が期待できます。包装だけでなく数量や組み合わせを変え、きめ細かなラインナップを増やすこともできます。

 

STOCKCREWのお客様にも様々な付帯作業のニーズをいただく場面があります。

・独自のダンボールを使い発送したい

・こだわった袋に包装し発送したい

・季節限定レターカードを同梱して発送したい etc…

少しでも売り上げを増やすため、リピーター施策のため、商品コンセプトを守るため、ブランド価値を出すためと理由も様々です。

 

しかしながらもし配送代行サービスを利用している場合、こうした細かな付帯作業にはコストが掛かります。

販売価格を決めてしまう前に「どの程度原価に影響するか?」を早めに確認することをお勧めします。また、これらを自前で行うには費用が相当にかさみます。手間はもちろんのこと、資材や材料を集めるコストもありますし、「まだ売れるかどうかわからない・・・」の状態ではなおさらリスクが高いと思います。

(配送代行サービスを利用するメリット・デメリットはこちらの記事に詳細を記載しています。是非ご覧ください。)

 

配送代行サービスとは

 

今回は付帯作業について詳細を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

自分で発送業務をしているけど、付帯作業もふくめて配送代行サービスを使ってみたいなという方は、是非STOCKCREWにご相談ください!

契約期間や初期費用・固定費が掛からないのもSTOCKCREWの特徴ですので「お試し」で依頼したいという声にもお応えします。ここには書ききれなかった付帯加工(オプション)も多数取り揃えておりますのでチェックしてください!

(STOCKCREWの料金一覧はこちら!)