journal記事

物流アウトソーシング ~前編 ~

EC事業を行っている事業者の方々の中に、自社(自分)で物流業務を行なっている企業が多くいらっしゃいます。

しかし、事業が拡大すればするほど発送品や梱包作業は増え、煩雑化し物流業務に割く時間や人員も増加します。その結果、コア業務にも大きな影響が出てしまい、物販がしたいのか発送業務がしたいのかわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで必ず検討することが物流業務のアウトソーシングではないでしょうか?既に検討されている方やこれから検討を始める方に対して、前編では「物流アウトソーシングのメリット・デメリット」、後編では「選定時の注意点などのポイント」( 物流アウトソーシング ~ 後編 ~ )を解説いたします。

 

アウトソーシングとは「外注」すること

中でも物流アウトソーシングとは、物流に関する仕事を外部に委託することを指します。いままで自社(自分)で行っていた物流業務を専門業者にアウトソーシングすることで、様々な問題や課題が解決するとされています。

 

EC事業者が抱える物流の課題は様々です。

コスト :規模の経済が働きやすい物流業界で1事業者では価格交渉などの限界がくる

保管場所:在庫量が増えてしまう、あるいは増やしたいのに保管場所を確保できない

人員不足:業務量の増加により、人が足りない。何故か物流専用スタッフを雇用しはじめる

品質維持:検品ミスや誤配送などが増えてしまう

 

ご覧のように次々とうまれる課題に対処するため、本来の業務(コア業務)に支障をきたしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

このような課題をアウトソーシングすることで解消できることがあります。

一言に外注といっても、「配送だけを依頼する」ことや「倉庫保管」「検品・梱包」もお願いしたり、あるいは「業務設計~配送まで」丸ごとお願いする形もあり、解消したい課題に沿った外注を考える必要があります。

 

物流アウトソーシングとは?

特徴1:コスト削減できる!

物流業界は、規模の経済が効きやすい業界であることから、荷量を多く持っている物流会社や配送代行はコスト削減に期待できます。配送運賃をはじめとし、資材(ダンボールやテープ)なども大量に発注し取り扱うため、1事業者と比較して安く仕入れ提供することが可能です。

また自社物流を行う場合、在庫管理や発送作業に必要な人件費、各社運送会社に支払う運賃、必要な量を見越して発注しておかなくてならない各種資材、繁忙期などの臨時雇用、システムや保管場所に支払う固定費などを全て1事業者で負担し、管理する必要があります。規模の経済を働かせることになっても管理コストがよりかかるようになるため、物流をアウトソーシングすることで解消することに期待できます。

 

特徴2:コストを分かりやすくできる!

上記の通り、自社で物流を行うEC事業者の物流コストには様々な費用が発生し毎月の物量が変動するように、物流コストまた変動します。また事前に購入あるいは支払いをしなければならないコストも多く、売上が上がる前の支出も決して安くはありません。

物流経費=商品原価の一部と考えた時に、状況により変化せず、計算しやすい方が良いと考える方の方が多いのではないでしょうか。

 

多くの物流アウトソーシングは「単価」で契約します。大半が入出庫の量に比例したものであるため、一目でわかる形で計上されます。1点出荷したら〇〇円、1件発送したら〇〇〇円と事前に決まったコストを原価に組み込むことが可能になります。

 

しかし、依頼する物流アウトソーシング先によっては、従量課金ではなく「固定費」や「初期費用」を要求する物流会社も多くあります。サービスの品質も期待以下、次々と追加費用を求めてくる物流会社がいることも残念ながら事実です。アウトソーシング先の業者とサービス面、作業範囲を明確にする確認などは重要です。

 

特徴3:コア業務に集中できる!

気付けば物流業務に時間の大半を取られ、本来やるべきことに集中出来ていないという方も多いのではないでしょうか。アウトソーシングすることでコア業務に集中する環境を整えることができます。

 

事業がだんだんと軌道に乗り、商品が売れれば売れるほど物流業務に時間と手間が掛かり、本来やるべき仕事に手が付かない。入荷する商品の保管場所を毎回考え工面しなければならない方。思わぬ受注に対応しきれずお客様を待たせ、離れてしまいます。

始めた当初は想定もできなかった状況に陥っている事業者は多いと見受けられます。このような状況を解消するために、物流アウトソーシングを利用することは大きな意味を持ちます。

 

特徴4:事業拡張・拡大しよう!

これまで挑戦できなかった領域や新商品に挑戦できますし、今まで持つことのできなかった在庫量を持つことも可能です。

 

物流会社によっては各種モールやカートとの連携が可能なので、これまで挑戦していなかったECサイトに販路を増やすことができます。越境ECなどにも対応している物流会社では国内のみならず海外発送も可能です。

 

いかがでしょうか。

物流アウトソーシング(前編)では、アウトソーシングの特徴について解説してきました。物流会社や配送代行によって料金や条件は様々です。特に固定費や初期費用、契約期間には注意が必要です。次回、物流アウトソーシング(後編)では、アウトソーシングする際の注意点を解説していきます!

 

因みに・・・

STOCKCREWは従量課金制で、初期費用や固定費が発生いたしません。契約期間の縛りもなく「使いたい分だけ使う」ということも可能です!

過去に物流アウトソーシングで検討された方で「ハードルが高い」と感じられた方、諦めずに一度STOCKCREWに是非お問い合わせください。