お問い合わせ ログイン
お問い合わせ ログイン

1 min read

借入・創業融資編を解説【ネットショップ運営】

Featured Image

ネットショップ運営はだいぶ起業しやすくなったとはいえ、やはり初期投資が一定程度かかります。そういった場合に有志の利用は当然念頭にあると思いますが、ここでは借入実施を考えている皆様に具体的に何をどうすればいいのかを説明したいと思います。

 

借入金のパターン

借入金のパターンは大きく分けて3つの選択肢があります。

  1. 銀行や信用金庫からの借入
  2. ビジネスローン
  3. 日本政策金融公庫からの借入

銀行や信用金庫からの借入

一般的な融資というと銀行からの融資を想像すると思います。これはプロパー融資をいわれるもので、銀行や信用金庫に決算書や税務申告書と言われるもの(運営している事業の健康診断書のようなもの)を2期分以上提出し、審査が行われ融資されるものです。銀行や信用金庫に話を持ちこんでからだいたい2~3ヶ月くらいかかるものとなります。

 

ビジネスローン

また、個人事業主の方であれば、ビジネスローンというものもご存知ではないでしょうか。

上記のプロパー融資より手軽に借入を実施することが可能となります。借入の申し込みを行ってから1週間など迅速な借り入れが可能となります。一方で、お手軽で迅速な分、利率が高くなる傾向にあります。

 

日本政策金融公庫からの借入

恐らく、一番知名度がないと思われるのが、日本政策金融公庫からの借入です。

こちらは手続き面では、プロパー融資に近いものとなります。しかし、上記で記載したように事業の健康診断書を少なくとも2期分用意する必要があります。一般的に、1期=1年間と設定しますので、プロパー融資を受けるには事業を始めてから2年以上経っている必要があります。しかし、この日本政策金融公庫は「創業融資」と呼ばれる制度があります。

決算書を2期分用意できなくても借入の申し込みをすることが可能な制度となっております。副業(複業)で、最近ネットショップ運営を始めたなど、直近2年以内に事業を始めた方が多いのではないでしょうか。事業を始めてから間もない方々に向けて、「日本政策金融公庫からの借入」にフォーカスした説明をさせていただきます。

 

ブログ記事用-Jun-08-2022-07-06-36-70-AM

 

日本政策金融公庫からの借入手法は主に2つあります。

  1. 新創業融資制度
  2. マル経融資

大きな流れは、以下の通りです。

  1. 要件を満たすかの情報収集
  2. 書類準備
  3. 借り入れ申し込み、面談アポイント
  4. 面談(公庫の担当者と1時間ほど会社概要と会社の状況のヒアリング)
  5. 審査結果受領

 

マル経融資については、商工会議所に入会し、所属の商工会議所に相談をして推薦書を書いてもらう手続きが書類準備時点で必要です。また、政策金融公庫の貸出枠の関係もあるので、まずは創業融資制度を利用して借入しましょう。

借入の順番は、新創業融資制度→マル経融資です。

 

今回は、新創業融資制度について、詳細に記載させていただきます。

 

新創業融資制度

こちらは、創業準備期間の方でも借入が可能となっております。

融資限度額が3,000万円となっておりますが、1,000万円超から3,000万円の融資の申し込みとなると、雇用創出等の要件というものがあり審査が厳しくなります。創業前、または創業してから2年以内となると実績がなく、融資審査員への説明が難しいと思います。

従って、新創業融資制度を利用する場合は、融資限度額1,000万円と考えておきましょう。

(この1,000万円という金額は非常に重要で、日本政策金融公庫内の稟議基準が1,000万円を超えると承認者のフローが変わるため、融資審査を通すのが難しくなるようです)

では、詳細の要件を見てみましょう。

 

詳細の要件(融資申込額1,000万円以下

以下の条件で申請ができます。

申請できる方

  1. 新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方
  2. 新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を1期終えていない方は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金(事業に使用される予定の資金をいいます。)を確認できる方

お金の使い道

創業準備資金、事業のために必要なものの購入など

 

担保・保証人

原則不要。

 

新創業融資制度 – 準備書類

  1. 決算書(貸借対照表、損益計算書)
  2. 税務申告書
  3. (法人の場合)履歴事項全部証明書(登記簿)
    • 申し込み日から3ヶ月以内に発行されたもの
  4. 借入申込書:形式的な情報入力のため時間要しない
  5. 創業計画書:以下のような、会社の事細かな情報のため作成に時間を要する
    • 経営者の経歴は?
    • 何をやる会社?
    • 会社のターゲット顧客は?
    • ライバル会社とかはいる?そしてその会社はどんな感じ?
    • 従業員は何人?
    • 今、他に借入している?
    • 何が欲しいの?そしてそれを買うためにいくら借り入れが必要?
    • 向こう一年はどんな計画?返済はきちんとできる?
  6. 企業概要書:面談の時間短縮のための資料。創業計画書に記載のもので詳細に記載するイメージのもの
  7. 収支計画書:書類には求められていないが、上記創業計画書の(ク)の内容を記載するために作成した方がベター。公庫の担当者とのヒアリングも収支計画書を作成していることで質問の回答も楽になると思います。融資の審査通過の確率も上がるので是非面倒くさがらずに作成してみてください。

今回は、借入の中でも創業間もない方々が利用できる、日本政策金融公庫の新創業融資制度について記載させていただきました。

 

(参考)

新創業融資制度 - 要件

各種フォーマット

ネットショップの利用規約の作り方

ネットショップを始めようとすると利用規約やプライバシーポリシー、特定商取引法に基づく表示など、法律が関係しそうな言葉がたくさん出てきます。色々知りたいけど、何が何やらわからない状態になってしまっている方もいらっしゃるとおもいます。...

Read More

これから始める人にも優しい!STORESのシステムと発送代行

SNS的な感覚でネットショップを開設できることで人気を高めてきたのがstoresです。スマホにも対応しているので、PCがない環境でも簡単に始められます。手軽でスピーディーにできるのが人気のポイントです。

Read More