1 min read

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

一言にEC物流と言われても、ネット通販じゃないの?と思ってしまうかもしれませんが、実は色々と奥が深い業界となっています。ネットが普及した現在では、既に日常に欠かせないサービスの1つに変わりつつあります。今回はそんなEC物流について深掘りしていきます。

目次

 

EC物流倉庫の特徴

EC物流倉庫またはEC物流と言われても、聞きなれない言葉だと思います。実際の倉庫や物流と何が違ったり何が出来たりするのかが分からないと思います。そこでEC物流やEC物流倉庫について特徴を解説していきます。

 

EC物流完全ガイド ダウンロード

 

EC物流とは何ですか?

EC物流は、EC(Electronic Commerce/電子商取引)を行う際の物流サービスのことです。 通常、Amazonや楽天市場といったECモールを利用したインターネット通販で商品を購入すると、物流網を介してお客様の手元に商品が届きます。 その一連の流れのことを指します。EC物流倉庫は、現代のビジネス環境において非常に重要な役割を果たしています。特にEC業界においては効率的な物流システムを構築することがビジネスの成功に直結するため、EC物流倉庫はEC事業運営において重要な要素となっています。

 

EC物流倉庫の特徴

EC物流倉庫の特徴として、オムニチャネル対応が挙げられます。オムニチャネルとは、複数の販売チャネル(例: オンラインショップ、市場プラットフォーム、実店舗など)を統合してお客様に一貫したサービスを提供することを指します。EC物流倉庫は、複数の販売チャネルに対応するための物流システムを構築し、オムニチャネル戦略を実現することができます。またEC物流倉庫のもう1つの特徴として、高度な在庫管理システムがあります。在庫管理は、ビジネスの効率性や顧客満足度に直結する重要な要素です。EC物流倉庫では、リアルタイムで在庫状況を把握し、適切な在庫レベルを維持するためのシステムを導入しています。これにより、在庫切れや過剰在庫といった問題を最小限に抑えることができます。さらに、EC物流倉庫はオーダーフルフィルメントサービスを提供しています。オーダーフルフィルメントとは、注文受付から出荷までの全てのプロセスを一括して行うサービスのことです。EC物流倉庫では、お客様からの注文を受け付け、商品のピッキング・梱包・出荷を効率的に行うことで、迅速な配送を実現しています。お客様の注文に迅速かつ正確に対応することで、顧客満足度を高めることができるのです。

 

EC物流倉庫ならではのサービス

まずEC物流倉庫は、迅速な配送サービスを提供しています。お客様は商品を注文した後、できるだけ早く商品を受け取りたいと考えるのが一般的です。EC物流倉庫では、効率的な物流ネットワークを構築し、お客様への迅速な配送を実現しています。お客様の注文から商品の配送までの一連のプロセスを円滑に遂行するために、様々な技術やシステムを活用し、例えば在庫管理システムやオーダー管理システム、配送管理システムなどが導入されており、各プロセスを効率的に管理することが可能となっています。これによりお客様の待ち時間を短縮し、購買体験を向上させることができます。さらに、EC物流倉庫はリターン対応にも力を入れています。EC業界では、商品の返品や交換が頻繁に発生するため、リターン対応が重要な要素となっています。EC物流倉庫でも、商品の返品や交換に対応するリターン対応サービスを採用しており、お客様の不満やトラブルを最小限に抑える努力をしております。お客様が安心して商品を購入できる環境を整えることで、リピーターの獲得やブランドイメージの向上に努めています。

以上が、EC物流倉庫の主な特徴についての説明です。EC物流倉庫は、オムニチャネル対応、高度な在庫管理システム、オーダーフルフィルメントサービス、迅速な配送サービス、リターン対応など様々な特徴を持ち合わせており、EC業界において重要な役割を果たせるよう常にサービス向上に努めております。

1 min read

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

1 min read

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

EC物流倉庫とはどんな場所ですか?

正直な話、EC物流倉庫って普通の倉庫と何が違うのかイメージが湧かない方がほとんどだと思います。EC物流倉庫がどんな施設なのか、解説していきます。

 

EC物流倉庫はどんな施設か

EC物流倉庫はEC(電子商取引)業界において重要な役割を果たす施設であり、その特徴は多岐にわたります。まずEC物流倉庫は大規模な在庫を効率的に管理・保管するための施設であり、数多くの商品を収容できる広いスペースを持った物流拠点を指します。これにより需要の急増や季節的な需要変動にも柔軟に対応することが可能となります。またEC物流倉庫は効率的なピッキング(商品の取り出し)や梱包作業を行うための設備やシステムが整備されています。例えば自動倉庫システムやピッキングロボットなどの最新の技術を導入しており、作業効率を向上させ早急な対応ができるよう心がけています。これによって注文の受注から出荷までのプロセスを迅速かつ正確に行える安定したサービスの提供を可能としています。EC物流倉庫はお客様のニーズに合わせたサービスを提供することが求められ、例えば同日配達や時間指定配達などのサービスの提供、または返品処理や再出荷などのアフターサービスも重要な要素となっており、今後更なるサービス向上のため業界全体で取り組みながら更なる改善を目指します。

【関連記事】
STOCKCREWの倉庫内の詳細はこちら

 

EC物流倉庫、施設利用のメリット

EC物流倉庫は、在庫管理や出荷作業において高い精度と正確性をお客様に提供出来ます。多くのスタッフによる迅速な対応を可能としており、バーコードスキャンやRFIDなどの技術を活用して、在庫の追跡や正確な管理も行うことが可能です。さらに、在庫のロケーション管理や在庫数のリアルタイム更新なども行っており、適切な管理方法を常時実行しております。

 

EC物流倉庫の安全性

EC物流倉庫はセキュリティ面でも高い水準を維持しています。在庫の盗難や損傷を防ぐために、セキュリティカメラやアクセス制御システムなどが導入されており、お客様の商品の安全性を確保しています。さらに、防災対策や緊急時の対応体制も整備されており、万が一の事態にも迅速かつ適切に対応することができます。建物自体も最新の造りとなっており、耐震性や自然災害にも十分対応可能です。EC物流倉庫では、環境保全に配慮した取り組みも行っています。省エネ設備や再生可能エネルギーの活用、廃棄物のリサイクルなど、環境負荷を最小限に抑える取り組みも行っています。



EC物流倉庫は大規模な在庫を効率的に管理・保管するための施設であり、効率的なピッキングや梱包作業を行うための設備やシステムが整備されています。お客様のニーズに合わせたサービスの提供や高い精度と正確性を実現した在庫管理、セキュリティ面での高水準な対策、環境に配慮した取り組みなど、様々な特徴を持って運営しています。これらの特徴を活かし、EC物流倉庫は電子商取引業界の発展に貢献できるよう常に最善の努力に努めています。STOCK CREWもEC事業者や提携事業者の皆様により良いサービスを提供できるよう、常に品質改善を行いながら成長への取り組みを行っております。

EC物流倉庫ってどうやって選べば良いのか?解説!

ここまで色々と内容について触れてきました。じゃあ実際どうやって選べば良いのか?皆様が疑問に思う部分を考慮し、ここがポイントとして大事になってくる要素を以下に挙げていきます。

【関連記事】
物流をスムーズに!梱包から発送までを代行するサービスの選び方

 

ビジネスのニーズと戦略

販売している商品の種類、目標市場、将来の拡大計画など、ビジネスの全体的な戦略とニーズを理解することが大切になってきます。主要な市場エリアや配送先に近い場所に倉庫があると、配送の効率と速度が向上します。お客様に迅速に商品を届けるためには、交通アクセスの良い場所にある倉庫を選ぶことが重要です

 

費用、倉庫のサイズと容量

レンタル料、人件費、運用費用など、全体的なコストを考慮し、予算内で適したEC物流倉庫または発送代行業者を選ぶ事が大事になってきます。在庫量や商品のサイズ、季節による変動などに合わせた容量やサービスを行っている倉庫を選ぶのもまた大事です。

 

特別な要件、サービスプロバイダとの契約

温度管理や危険物取り扱いなど、商品に特別な要件がある場合はそれに対応した設備を持つ倉庫を選ぶ必要があります。3PLなどのサービスプロバイダを通じて倉庫を運用する場合は、サービス内容、契約条件、信頼性などを考慮して適したEC物流倉庫または発送代行サービスを選ぶ事が重要となります。

 

安全性、法規制の遵守

商品の安全を保証するため、セキュリティ体制がしっかりしている倉庫を選ぶことが重要です。地域の法規制や業界の基準を遵守しているか確認し、違反のリスクを回避できる信頼性の高い業者を選ぶのも必要な要素です。EC物流倉庫の選び方は、上記の要素をバランスよく考慮することで最適な選択が可能になります。必要に応じて専門家に相談するのも有効な手段です。STOCK CREWではまずは契約前のWeb面談も行っています。気軽にご相談下さい。

 

以上の内容をふまえて事業に適した業者を選ぶ事が皆様の成功に繋がっていきます。ビジネスの成長に応じて拡張可能な倉庫を選び、将来的に柔軟に共に進歩できるEC物流倉庫または発送代行サービスを選びましょう。



EC物流倉庫にアウトソーシングする利点

EC物流倉庫は発送代行サービスも一緒に運営しているケースが多いです。一括して行う業者に依頼するメリットを紹介します。

 

EC事業者の皆様の時間短縮に有効

アウトソーシングすることで、物流倉庫の運営や管理にかかる費用や作業時間を削減できます。自社で倉庫を運営するよりも、アウトソーシング先に任せることで実はコストを抑えることもできるのです。たくさんの提携先との取引を行っているEC物流倉庫は、大口の契約を各事業関係者と契約する際に多くの格安サービスをお客様に提案できるよう工夫した内容で提携しています。一般には受けられないサービス内容も多く含まれているので、自社運営以上の特典内容を受けられる場合がほとんどです。

 

専門業者の経験と知識の活用

アウトソーシングすることで、物流倉庫の専門知識や経験を活用することができます。専門業者に倉庫の管理や運営を任せることで、効率的かつスムーズな物流を実現することができます。さらに自社の業務に集中することもできるようになり、物流倉庫の運営や管理を外部に任せることで、コアビジネスに今まで以上に集中することができる様になります。更なる業務効率向上に繋がっていきます。

以上のように、EC物流倉庫をアウトソーシングすることで、コスト削減や効率化、業務集中などの利点があります。まずは皆様が気になったEC物流倉庫に問い合わせてみましょう。

 

まとめ

EC事業は現代社会において人々の暮らしの一部と言っても過言ではありません。ここまでネット文化が普及した現在では大人から子供まで幅広い世代が利用しかつ、毎日のように目にするモノとなっています。今やモノを買うのに足を運んで買うのではなく、欲しいと思ったモノが次の日に、もしくはその日に届く時代となってきました。そんな現代でEC物流はとても重要な要素となっています。世界中の人々が垣根なく欲しいモノを自由に手に取る時代がやって来た今、発送代行サービスはじめEC物流業界は皆様に寄り添ったサービスをより良い形で実現していく事こそが使命だと考えられます。

STOCKCREWも世界中で素敵な繋がりを持てるよう様々なEC事業者の物流支援を続けています。低価格・高品質のEC物流を手軽にはじめられる、STOCKCREWサービスの利用を検討してみませんか?

お問い合わせはこちら