1 min read

物流をスムーズに!梱包から発送までを代行するサービスの選び方

物流をスムーズに!梱包から発送までを代行するサービスの選び方

個人でネットショップ・ECを運営されていて、商品の梱包まで発送代行にお願いできれば助かるのに、とお考えではありませんか?発送代行サービスでは梱包まで請け負ってくれる場合があります。今回は梱包を請け負ってくれる発送代行サービスの紹介やどのような梱包を行っているのかまでを紹介します。

目次

発送代行が行う主な業務

発送代行サービスは、商品の入荷から出荷までの一連の業務をサポートします。特に、商品のサイズや重量に応じた適切な梱包資材の選定や、荷物の発送方法の選択など、専門知識が求められる作業を効率よく行うことができます。また、取引の際の匿名性を保つための対応や、送料の計算など、細かい業務もサポートしてくれます。

  1. 商品の入荷業務
  2. 商品の在庫管理業務(保管)
  3. 商品の発送業務
  4. 商品の流通加工業務
  5. 物流業務の支援システムの提供

こうした業務を担当してもらえるので、ネットショップを運営されている方(個人、法人問わず)は、商品を発送代行サービスの倉庫に送れば、あとは受注を発送代行サービスに送れば、顧客までの発送作業が行われる、というわけです。

ちなみに、今回のテーマである「梱包」は、上の業務においては「商品の流通加工業務」に含まれます。したがって、この業務を担当する(できる)発送代行サービスならば、こちらから倉庫に商品を送る場合、商品をひとつずつ梱包せず、ひとまとめにして送れば受注段階で発送代行サービス側が注文に応じて梱包する、という流れになります。

1 min read

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

1 min read

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

梱包を請け負う発送代行サービスの特徴

商品の梱包も行う、おすすめの発送代行サービスはSTOCKCREWです。こちら、初期費用・固定費0円、シンプルな料金体系などがセールスポイントとして挙げられる発送代行サービスです。

したがって、STOCKCREWは1個あたりの発送料金に基本的な梱包の料金が含まれています。そして梱包作業のほか、ダンボール(資材)の料金も含まれています。

また、受注に応じて商品をダンボールに入れて発送手続きするという基本作業以外にも、ダンボールにチラシを同梱したり、ギフト梱包にも対応しています。ただし、これらの作業は別途オプション料金がかかります。

ダンボールはSTOCKCREW側で用意しますが、ショップオリジナルのダンボールに梱包しての発送にも対応しています。この場合はオリジナルダンボールの保管料が必要になります。

 

一般的な梱包作業の内容

STOCKCREW以外にも梱包作業を行う発送代行サービスはありますが、一般的に梱包作業というのはどのような内容になっているのかをご紹介します。

梱包作業は「販促加工」とも言い、商品そのものの状態では配送に適していなかったり、配送の段階で商品の化粧箱に傷がついてしまうリスクを避けるためにダンボールで梱包することを指します。ギフトラッピングやのし紙貼付作業も販促加工に含まれます。さらに、チラシなどの商品以外のモノを同梱するのも販促加工のひとつに数えられます。

こうした梱包・販促加工の内容は、発送代行サービスによって差があります。発送代行サービス選定の際、また見積もり時には、まず梱包の有無を確認することをおすすめします。併せて、どのような梱包・販促加工を行ってもらえるのかも確認しましょう。

STOCKCREWではどのような作業を行っているのか?その内容は「付帯作業・流通加工をネットショップ運営で活用する方法」でご確認いただけます。

発送代行に梱包を依頼するメリット

ネットショップ運営において、発送業務はとかく煩雑なもの。商品以外にもチラシも同梱、となると手間は倍増します。手間以外にも梱包材などのコストもそれなりのものになってしまいます。さらに、商品によっては梱包に専門的な知識が必要になり、人員確保にも迫られます。

こうした部分を一挙に解決できるのが発送代行サービスです。商品を倉庫に送ってしまえば、あとは発送代行サービス側が全部処理してくれるので、個人でネットショップを運営する方にとっては、よりコア業務に注力できる、というわけです。

そのほかにも、商品をそのまま倉庫に送るので保管場所の心配がいらない、発送作業と同時に在庫管理も行ってもらえるという、まさにネットショップの苦労をグッと軽減してもらえるという大きなメリットもあります。

1 min read

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

1 min read

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

梱包費用の詳細

STOCKCREWの料金体系は、梱包資材の種類やサイズ、発送方法などに応じて変動します。例えば、ネコポスやゆうパックなどの運送サービスを利用する場合、それぞれのサービスの料金が適用されます。また、大量の商品を発送する場合の割引や、特定の梱包資材を使用する場合の追加料金など、詳細な料金設定があります。

配送料金_詳細

 

このほか、チラシを同梱する場合の料金は以下のとおりです。

チラシ同梱

別途チラシ保管料が必要になります。

資材・チラシ保管料

「資材保管」とは、ネットショップオリジナルのダンボールなどです。

ギフト梱包については以下の料金となります。

ギフト・梱包オプション

このように、STOCKCREWの料金体系は明確になっています。ほかの発送代行サービスを検討するにあたっても、このように料金体系をある程度明示している会社を選択することをおすすめします。

 

発送代行サービスの選び方

発送代行サービスは、商品の梱包から出荷までを一手に引き受けてくれるECサイト運営者にとって欠かせないパートナーと言えます。しかし、その中でもサービスの内容や特徴は様々なので、自社のニーズに最適なサービスを選ぶことが重要です。ここでは、発送代行サービスを選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

 

サービスの種類と特徴の理解

発送代行サービスは、商品の梱包から出荷までを代行してくれるサービスです。多くの企業や個人が利用しており、特にECサイトの運営者にとっては欠かせない存在となっています。しかし、その中でもサービスの内容や特徴は様々で、自社のニーズに最適なサービスを選ぶことが重要です。

 

自社のニーズの把握

自社の商品の種類、出荷量、出荷頻度などを考慮し、それに合ったサービスを選ぶことが大切です。例えば、大型商品を扱っている場合、それに対応した設備を持つ発送代行サービスを選ぶ必要があります。また、海外への出荷が多い場合、越境ECに対応したサービスを選ぶと良いでしょう。

サービスの比較

発送代行サービスは多く存在します。それぞれのサービスの特徴、料金、評判などを比較し、最適なサービスを選びましょう。また、サービスの一覧を作成し、それぞれのポイントを比較することも有効です。

サービスの利用体験

可能であれば、サービスを実際に利用してみることをおすすめします。一部のサービスでは無料で試用期間を設けているところもあります。実際に利用すると、サービスの品質や対応の良さなどを確認することができます。

 

サポート体制の確認

発送代行サービスを利用する際には、問題が発生したときのサポート体制も重要です。電話やメールでの問い合わせ対応はもちろん、トラブルが発生した際の対応体制や、商品の損傷時の補償体制などを確認しましょう。

発送代行サービスの具体的な活用方法

発送代行サービスを活用することで、スタッフの作業負担を軽減するだけでなく、運送会社との連携や在庫管理の効率化など、ネットショップ運営の質を向上させることができます。また、フリマアプリでの販売や、複数の運送サービスを利用する場合など、さまざまなシチュエーションでの活用方法が考えられます。

 

スタッフの負担軽減

発送作業は、バイトやスタッフの大きな負担となります。発送代行サービスを利用することで、これらの作業を外部に委託し、スタッフの作業負担を軽減できます。

 

ヤマト、佐川等の運送会社との連携

多くの発送代行サービスは、ヤマト運輸や佐川急便などの大手運送会社と連携しています。これにより、集荷の手配や配送状況の確認などがスムーズに行えます。

 

在庫管理の効率化

発送代行サービスを利用することで、在庫管理を一元化して効率化できます。商品の入庫から出荷までを一元管理すれば在庫状況の一覧をつねに確認でき、在庫切れや過剰在庫を防げます。

 

メルカリ等のフリマアプリでの利用

発送代行サービスは、メルカリなどのフリマアプリでの販売にも活用できます。商品数が多くなるほど梱包や発送作業は時間と労力を要しますが、これらを代行してもらうことで、より多くの商品を効率よく販売することが可能になります。ただし、日に数個、月に十数個程度だと発送代行会社への料金がかかり、利益率を圧迫してしまうので、自社からフリマアプリからの出荷個数を正確に把握しておかなければなりません。

以上のように、発送代行サービスを選ぶ際には、自社のニーズを理解し、サービスを比較し、実際に利用してみることが重要です。また、発送代行サービスを活用することで、販売効率の向上や作業負担の軽減、在庫管理の効率化など、様々なメリットを享受することができます。

まとめ

個人運営のショップほど、注文数が増加するにつれて発送業務が負担になってきます。費用的な部分から個人で発送作業を行っていると、どうしてもミスしてしまうこともあるでしょう。顧客目線では1回でも発送に関するミスがあると、そのショップでの購買意欲はなくなってしまいます。こうしたことからも、ネットショップ運営の本質部分に注力するために、梱包などの業務は発送代行サービスに依頼、アウトソーシングするのが得策です。

物流に関するアウトソーシングは、お気軽にSTOCKCREWにご連絡ください。

お問い合わせはこちら