journal記事

STOCKCREWが大切にするサービス-On Board Meeting-

当社STOCKCREWの配送代行サービスをご利用いただくときに、契約後どんなやり取りがあるのか、日々の業務では何をする必要があるのかなど、わからないことが多いかと思います。

今回はSTOCKCREWをより知っていただけるようサービス内容を紹介していきます。

その中でもSTOCKCREWでは一番重要視している、OBM(on board meeting)オンボードミーティングについて説明します!

 

STOCKCREW事務所

 

 

オンボードミーティング(OBM)の由来

恐らく聞きなれない言葉だと思います。何故なら弊社の造語だからです!

サービス名の「STOCKCREW」や運営会社である「KEYCREW」、グループ会社の「ROBOCREW」を見てわかるように当社は「CREW」を大切に思っております。

 

「CREW」を直訳すると「乗員」や「乗組員」です。私たちは会社やサービスを一つの「船」に例えそこで働く仲間は「船員」だと考えております。役職にも「First Officer(直訳は一等航海士)」を設けるくらい少し拘りを持っています(笑) *FirstOfficerは一般的な役職で執行役員です

 

ですからSTOCKCREWをご利用いただく皆様にも「乗船」していただくように考え、出発直前の船の船員が叫ぶ「Get on board!!」=「船に乗って!」から「on board」だけを取り、「これから航海に向けた打ち合わせをしますよ!」という意味も含め OBM(on board meeting)と名付けました!

このOBMは、契約締結後、一番最初に実施する打ち合せになります。この打ち合わせでは、設定専任担当者がみなさんの商品の詳細・モールやカートの詳細を確認して、入荷から出荷までの作業に必要な設定内容をご案内しています。

 

筆者は最近ではすっかりOBMを行う機会もなくなってしまいましたが、昔(サービスリリースしたての頃)は

これからネットショップを作るか方、開業されようとしている方、即ち「船出」をしようとして方々の話を聞くのが好きでした。

盛り上がってしまうと気付くと1時間以上も会話していることもしばしば。。。当時はユーザー様もまだまだ少なかったこともあり許されていましたが、今ではユーザー様も増えてOBMも必要最低限の打ち合わせに留めています。

 

 

OBMで確認する内容

 

では、どのようなことを実際打ち合わせさせいるのか?ここではOBMで確認している内容を紹介します。

これからOBMを行う予定をされている方、STOCKCREWのご利用をご検討いただいている方は是非とも事前に目を通してみてください。

※内容は一例です。実際のOBMの内容と異なる可能性もありますので予めご了承ください。

 

基本情報の確認


 

項目 確認する内容 結果 対応
店舗名(SHOP名) 納品書や送状に記載する内容。記載して問題ない情報を確認。 NG 修正または記載したい情報を確認
郵便番号
所在地
連絡先(電話)
連絡先(E-mail)
納品書同梱 納品書の同梱を希望するかしないか 希望する 納品書のサンプルを確認
納品書ロゴ 企業ロゴやブランドロゴの挿入を希望するかしないか 希望する GIF・PNG・JPEG形式でロゴデータをもらう
納品書自由記載欄 ご購入いただいたお客様へのメッセージや情報を記載するかしないか 記載する 記載する内容を確認
納品書お問い合わせ欄記載 ご購入いただいたお客様が問合せする連絡先を記載するかしないか 記載する 連絡先を確認
納品書金額記載 納品書に金額を記載するかしないか 記載する

 

 

受注連携情報の確認


 

項目 確認する内容 結果 対応
利用モール どのモールを活用中か、または利用予定かを確認 内容に沿った設定資料を送付(設定資料に入手してほしい情報や対応してほしい内容が記載されています)
利用カート(自社サイト) どのカートを活用中か、または利用予定かを確認
モール連携方法 API(自動連係)かCSV(手動)か確認 モールによって設定方法が大きく異なるため、設定資料を送付後、順次確認
カート連携方法 API(自動連係)かCSV(手動)か確認 設定している カートによって設定方法が大きく異なるため、設定資料を送付後、順次確認
カート/モールの送料設定 送料を商品別に設定しているか確認 商品別の送料を確認
配送設定 商品別の希望する配送方法を確認 分からない場合は現物を確認し当社から提案

 

※API連携については、実務上の必要性を説明した『発送代行サービスのAPI連携-EC運用の手間をなくすために知るべきこと-』も是非ご覧ください。

 

 

商品情報の確認


 

項目 確認する内容 結果 対応
商品コード 実物の商品と一致しているか、もしくは判別可能かどうか確認。商品コードが無い場合、採番方法を当社から提案。 無い

判別不可

実物に合わせることが可能か確認。合わせることが難しい場合は、商品ラベルシールの貼付作業が発生。
バーコード バーコードの有無、そこに商品コードの記載があるないか 判別不可 商品ラベルシールの付作業が発生
消費期限管理 消費期限管理を希望するかしないか 希望する 消費期限の取り扱いについて説明
送状備考欄 特筆して記載すべきことがあるか

例)ワレモノ注意

ある 記載する内容を確認
特殊付帯作業 付帯加工があるか

例)ワレモノの2重緩衝材巻き

ある 詳細を確認。オプション料金にない場合は見積り
セット商品 セット販売している商品があるか ある 弊社システムのセットコードと登録方法を説明

 

※商品コードの設定方法については、『ネットショップを開設するために必要な「商品コード」のつくり方』で詳細を紹介しています。

 

 

受注内容の詳細確認


 

項目 確認する内容 結果 対応
同梱物 チラシやレター、ノベルティの同梱があるかないか ある 同梱物の詳細確認
同梱ルール 同梱の条件を確認 全件同梱や購入回数・特定商品に同梱などの諸条件を確認
同梱物の種類数 同梱物の内容と種類を確認
同梱物の管理 在庫管理するかどうか 同梱物の在庫数を常に把握したい場合は在庫管理必須
発送時の希望梱包資材 配送方法によっては数種類の資材があるため希望を確認 希望がない場合は当社推奨梱包
梱包時の緩衝資材 割れ物や壊れやすいものを重点的に確認 割れ物などの対応を説明
ギフトラッピング出荷指示状況 受注データのギフト指示の含め方(モールやカートにより異なる)
BtoB配送 リアル店舗向けや卸販売などの法人向けの配送があるか ある BtoBは佐川急便の配送単価がお得なため料金を説明
複数受注の同梱希望 同じ購入者が複数のオーダーをした場合に同梱するか否か
決済方法 特に代引きを使用するか否か 代引がある 代引きの料金振込タイミングなど当社ルールを説明
入金待ちの管理対応 前払いなど入金管理が必要な決済方法がある場合確認する項目。API(自動連係)の場合、連携項目として管理されていないモール/カートがあるため重点的に確認。 運用方法の説明
キャンセル情報の共有方法 受注キャンセルの連絡方法 キャンセルルールの説明

 

 

配送代行STOCKCREW

 

ここまでOBMについてご説明してきましたが如何でしょうか?

「結構多いなぁ・・・」と思われた方も多いのではないでしょうか!?

 

どの配送サービスを使ってもこの程度の情報は必要です!寧ろSTOCKCREWは少ない方?かもしれません。

みなさんの大切な商品を預かり(保管)、確実に出荷するためにもこれらの項目の確認はとても重要なポイントになります。

もちろんOBM前にわからないことがあれば、当社の事例で最適な提案もしていますのでご安心ください!

 

これから配送代行サービスを検討されている方もご自身の知識として是非ご活用いただければ幸いです。

 

STOCKCREWの配送代行サービスについて、より詳細を知りたい・相談してみたい方は是非お気軽にお問い合わせください!お問い合わせはこちらから。