Skip to the main content.
お問い合わせ ログイン
お問い合わせ ログイン

1 min read

BASEでの独自ドメイン設定方法:ショップの信頼性を高めよう!

BASEでの独自ドメイン設定方法:ショップの信頼性を高めよう!

ネットショップ運営において、独自ドメインの利用はブランドイメージの向上や機能の充実に寄与します。BASEでも独自ドメインを取得し、それを使っての運用が可能です。本記事では、BASEでの独自ドメインの運用方法、設定や作成の手順、サブドメインの活用方法を詳しく解説。また、独自ドメイン利用のメリットや注意点も紹介します。

目次

独自ドメインとは?

BASEを活用したネットショップ運営に際し、独自ドメインの採用は多くのオーナーが検討する要素です。このセクションでは、ドメインの基礎から、独自ドメインの導入の意義について詳細に解説します。

 

ドメインの基本的な知識

ドメインは、インターネット上の住所とも言える名前で、Webサイトやメールサーバーを特定するためのものです。例として、"example.com"が特定のサーバーを指す「ドメイン名」です。BASEを活用したネットショップ初期段階では、BASEのサブドメインが提供され、ショップのURLは"shopname.base.shop"(shopnameの部分は任意に変更可能)の形となります。しかし、独自ドメインを取得して設定することで、"shopname.com"のようなオリジナルのURLで運用できるようになります。

ドメインの取得は、専門のサービスを通じて行います。取得後のドメインは、通常1年間の期間を持ち、その間、継続的な管理や更新が必要になります。ドメインの取得には費用がかかるのが一般的ですが、ドメインを無料で提供するサービスも存在します。

 

独自ドメインの重要性

独自ドメインの導入は、ネットショップのブランドイメージや信頼性を一段と高めるための鍵となります。BASEのサブドメインを利用する場合、他の多くのショップと同じURL構造となるため、オリジナル性に欠けることがあります。独自ドメインの導入により、ショップの独自性や専門性を強調し、顧客の信頼を獲得しやすくなります。

さらに、SEO(検索エンジン最適化)の側面からも独自ドメインの導入は効果的です。検索エンジンは独自ドメインを持つウェブサイトを信頼性が高いと評価し、検索結果のランキングで上位を与えるケースが多くなっています。特に、検索にマッチするキーワードをURLに組み込むことで、多くのユーザーにショップの内容を確認してもらうチャンスが増えます。

独自ドメインの設定や管理には知識や手間が伴いますが、ネットショップの成功への道を切り開くための重要なステップとなります。

2 min read

ピッキングとは?物流業界の効率化戦略

3 min read

アパレル業界向け物流倉庫会社の選び方

BASEでの独自ドメインのメリット

BASEを活用したネットショップ運営において、独自ドメインの採用はショップの成果を大きく左右する要因となります。このセクションでは、BASEでの独自ドメイン導入の主なメリット、特にショップの信頼性の向上とSEOの観点からの利点に焦点を当てて詳細に解説します。

 

ショップの信頼性向上

独自ドメインを導入することで、ショップの信頼性やブランドイメージが大きく向上します。BASEの初期設定では、サブドメインを利用したURLが提供されますが、これによりショップがBASEの一部であるという印象を受ける可能性があります。独自ドメインを持つことで、ショップが独立した存在であり、プロフェッショナルな運営をしているという印象を顧客に与えられます。また、独自のURLは覚えやすく、再訪問や口コミでの紹介がしやすくなります。これにより、リピート顧客の増加や新規顧客の獲得を期待できます。

 

SEOの観点からのメリット

独自ドメインの導入は、SEOの観点からも非常に有効です。独自ドメインを持つことで、他のウェブサイトからのバックリンクの質も向上し、これがSEOの向上に寄与します。独自ドメインの導入により、検索エンジンからの自然な流入が増加し、ショップの売上や認知度の向上の期待度が上がります。

BASEでの独自ドメインのデメリット

BASEを使用したネットショップ運営において、独自ドメインの導入は多くのメリットをもたらしますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。

ドメインの管理の手間

独自ドメインを取得することで、ショップのオリジナル性やブランドイメージを強化できますが、それにはドメインの継続的な管理が必要となります。ドメインは通常、1年ごとの更新が求められ、更新を怠るとショップのURLが利用できなくなるリスクがあります。また、ドメインの取得や更新には費用が発生するため、計画的な予算の策定も重要です。さらに、ドメインの設定や管理に関する知識が必要となり、これに関する情報を定期的に確認し、必要な手続きを行う手間が増えます。

 

設定の難しさ

BASEでの独自ドメインの設定は、初めての方にとっては難易度が高い場合があります。特に、DNSの設定や“CNAME”の入力など、専門的な知識が求められる部分も存在します。間違った設定を行うと、ショップが正常に表示されない、または機能しないリスクも考えられます。このようなトラブルを避けるためには、設定方法に関する記事やマニュアルをしっかりと読み込む必要があります。また、設定に関するサポートやサービスを提供している業者を利用することもひとつの方法となります。

独自ドメインの導入は、ネットショップのブランド力を高めるための有効な手段ですが、上記のようなデメリットも考慮し、十分な準備と知識を持って取り組むことが重要です。

独自ドメインの設定方法

BASEを活用したネットショップ運営において、独自ドメインの設定はショップのブランドイメージや信頼性を高めるための重要なステップです。このセクションでは、独自ドメインの取得から設定までの手順やポイントについて詳しく解説します。

 

ドメイン取得サービスの選び方

独自ドメインを設定するためには、まずドメインを取得する必要があります。多くのドメイン取得サービスが存在し、それぞれに特色や利点があります。選び方のポイントとして、まずは予算を考慮し、無料で提供するサービスや有料のサービスを比較検討することが必要です。次に、サービスのサポート体制や管理画面の使いやすさ、追加機能などを確認し、自分のニーズに合ったサービスを選択することが重要です。また、取得したいドメイン名が利用可能かどうかも確認する必要があります。利用可能な場合は必要な情報を入力し、手続きを進めることでドメインの取得が完了します。

 

CNAMEの設定方法

独自ドメインをBASEに設定するためには、“CNAME”の設定が必要です。CNAMEとは、ドメイン名を別のドメイン名にマッピングするためのもので、BASEでの設定においては、サブドメインを指定する際に使用します。具体的な設定方法は以下の通りです。

  1. ドメイン取得サービスの管理画面にログインします。
  2. ドメインの設定や管理ができるページを開きます。
  3. CNAMEの設定項目を見つけ、必要な情報を入力します。BASEを利用する場合、指定されたURLやサブドメインを入力することになります。
  4. 設定を保存し、変更が反映されるのを待ちます。反映には数時間から数日かかる場合があります。

CNAMEの設定は、ドメイン取得サービスによって異なるため、具体的な手順や設定項目はサービスのマニュアルやヘルプを参照することが推奨されます。

独自ドメインの設定は、初めての方にとっては難しい部分もありますが、正確に手順を踏むことで、ショップのブランドイメージや信頼性を一段と高めることができます。

独自ドメインとSEO

BASEを使用したネットショップ運営に際し、独自ドメインの導入はSEOにおいて重要な役割を果たします。このセクションでは、独自ドメインがSEOに及ぼす影響と、SEOを強化する基本的な方法を詳しく解説します。

 

検索でヒットしやすいURLの作成方法

独自ドメインを使用するメリットとして、オリジナルで覚えやすいURLの作成が挙げられます。特に、キーワードをURLに組み込むと、検索エンジンはそのページの内容を正確に理解し、関連する検索クエリにマッチしやすくなります。例えば、ネットショップで「商品名」や「カテゴリ名」をURLに取り入れると効果的です。さらに、シンプルで短いURLはユーザーにも親しみやすく、独自ドメインの設定時には、この点を考慮してURL構造の設計をおすすめします。

 

SEO対策の基本

SEOを強化するための基本的な対策には、サイトの内容の定期的な更新や、ユーザーに価値ある情報の提供が含まれます。また、サイト内の各ページに適切なメタタグやタイトルタグを設定することで、検索エンジンは内容を正確に把握します。外部からの質の高いバックリンクもサイトの信頼性や権威性を高める要因となりますが、質の低いリンクや不自然なリンクの増加は避ける必要があります。独自ドメインを活用し、これらの基本的なSEO対策を適切に行うことで、検索エンジンからの流入が増加し、ショップの売上・認知度向上が期待できます。

5 min read

【最新版】STOCKCREW完全ガイド

まとめ

BASEを使用したネットショップ運営に際し、独自ドメインの導入はブランドやビジネスのイメージを強化する重要な要素となります。現代のインターネット環境では、ドメインの取得や設定が手軽に行えるように進化しており、BASEもユーザーの手続きをサポートしています。特に、BASEではサブドメインの作成も許容されており、これにより複数のウェブサイトやページを一元的に管理する効率性が向上します。

STOCKCREWはAPIによってBASEと連携しており、自動出荷が可能になっています。BASEである程度の出荷量になってきたら、ぜひSTOCKCREWにお気軽にお問い合わせください。費用面を筆頭に貴店のお役に立てる部分を数多く取り揃えています!

お問い合わせはこちら