2 min read

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

商品を発送するときに便利な一番小さいサイズは皆さんも色々ご存じかもしれませんが、ヤマト運輸でも小さなサイズに対応したサービスを展開しています。この記事では、誰でも利用可能なヤマト運輸の小さいサイズの利用方法からメリット・デメリットまで、どのようなサービスか解説していきます。

目次

ヤマト運輸の最小サイズはどれくらいですか?

 

荷物には様々な大きさが存在します。正直なところ、どこまでの大きさがどの規格に適応されているのかなんてよく分からないというのが皆さんの意見だと思います。そこで今回はヤマト運輸で商品を発送するときの最小サイズ各種について詳細を解説していきます。

 

ヤマト運輸の最小サイズ

商品や荷物の種類によって異なりますが、宅急便の最小規格は60サイズ(三辺合計が60cm以内)となっており、ネコポスに限っては 最小サイズは縦23cm×横11.5cm×厚さ2.5cm、重さ1kg以内となっています。荷物受けに投函出来るサイズをイメージして下さい 。

ネコポスとはヤマト運輸が行っているサービスの一つで利用するためにはヤマト運輸と法人契約を結ぶ必要があります。個人の利用でも、ヤマト運輸が取引がある一部サイト上の取引でしたら利用も可能です。尚、発送代行に依頼すれば、個人でも気軽にネコポスを利用することが出来ます。

 

ヤマト運輸で発送できるネコポス以外の最小サイズをご紹介

宅急便コンパクトは、宅急便よりも小さな荷物を専用BOX・専用伝票で送るサービスです。 サイズは縦20㎝x横25㎝x厚さ5㎝です。配達はネコポスと異なり宅急便と同じ手渡しになり、送り状(伝票)番号で荷物を追跡できます。 重さの規定・制限がないサービスとなっています。

【関連記事】

ネットショップの配送料金=ヤマト・佐川・日本郵便を徹底解説

 

ヤマト運輸では小さい荷物にも対応したサービスが存在しています。知らないと細かく大きさに分けて料金が設定されている事に気づかない場合がほとんどだと思います。そのような悩みを解決するためにも、発送代行を利用するのは一つの方法です。

 

宅急便コンパクトについてメリットとデメリットをご紹介

 

まず一般的に知られているヤマト運輸の宅急便コンパクトについて、メリット、デメリットを解説していきます。

 

メリットについて

宅急便コンパクトは、一般的な宅急便に比べて送料が安く小口の荷物を送る際にコストを抑えられます。 発送後も荷物の状況をオンラインで追跡できるので、安心して荷物を送れます。配達日時も指定でき、ご自宅やマンションに宅配ボックスが設置されている場合は、宅配ボックスへの配達に変更もできます。また代引きサービスにも対応しているので、用途に合わせた使い分けが可能です。

 

デメリットについて

宅急便コンパクトは、宅急便コンパクト薄型専用BOX(たて24.8cm×よこ34cm)、宅急便コンパクト専用BOX(たて20cm ×よこ25cm ×高さ5cm)の2種類があり、梱包資材に専用BOXを利用する必要があります。大きな荷物を送る場合は別のサービスを使用する必要があり、専用の梱包資材が小さいため梱包には注意が必要です。丁寧な梱包が必要な場合は、荷物が大きくなる可能性もありますので注意して下さい。 補償の上限が決まっているため、貴重な荷物の場合は適切なサービスの配送方法を検討する必要性があります。

 

宅急便コンパクトは上記のサービス内容となっています。梱包資材に専用ボックスを使用しなければいけない点があります。通常の宅急便より小さな荷物に関してはコストなどメリットも多いです。大きさに規定があり専用資材による梱包作業が難しいと感じるところもあると思います。発送代行では、宅急便コンパクトに対応した梱包も行っていますので気軽にご相談下さい。

1 min read

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

1 min read

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

ネコポスって何ですか?メリットとデメリットを教えて!

ヤマト運輸の発送サイズの中で一番小さい規格です。聞いた事ない方も多くいると思います。どのようなサービスか解説していきます。

 

メリットについて

ネコポスは一般的な宅急便に比べて送料が安く厚さ2.5cm以内であれば、小型の商品や書類を手軽に発送できます。ポストに投函されるため受け取りの手間が省け、受取人が不在でも自由に受け取れます。発送後も荷物の状況をオンラインで追跡できるので、安心して荷物を送ることができます。

 

デメリットについて

ネコポスにはサイズ制限があり、縦31.2cm×横22.8cm×厚さ2.5cm以内 の荷物に制限されています。角形の封筒だと角形2号以上の大きさのものは対象外になり、 厚さも2.5cmを超えるとポストに入らず宅急便扱いとなります。重さは1kgまでです。日時指定は出来ないため、特定の日時に届けたい場合は別のサービスを検討する必要があります。ポスト投函のため、住所にポストが設置されている場所に限定されポストがない場所への配送は出来ません。

ネコポスについてあまり知らないという人が多いと思います。ポスト投函で簡単に配送、受け取りが出来るサービスだと思って下さい。ちょっとした書類や小さい商品なんかを配送するにはとても便利なサービスになっています。

ネコポスの発送に関して、詳細はこちらもご参照ください。

1 min read

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

1 min read

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

誰でも利用して大丈夫?こんな方にオススメ!

ヤマト運輸のネコポスと宅急便コンパクトは、一般的に広く利用できるサービスですが特定の条件やニーズに合った皆様には特におすすめです。

 

ネコポスと宅急便コンパクトの利用。こんな方におすすめ!

小口の商品や書類を頻繁に送るお客様にとって、ネコポスや宅急便コンパクトはコストを抑えて手軽に発送できる便利なオプションです。EC事業などで小型の商品を販売している皆様は、ネコポスは厚さ2.5cm以内の荷物を送るのに最適です。送料を抑えつつ効率的に商品を発送できます。配達日時指定が必要ない場合や急いでいない荷物を送る時、ネコポスはポストに投函されるので受け取りの手間や再配達の手間も省けます。一方、日時指定や代引き利用が必要な際は宅急便コンパクトでの配送で解決できます。

ネコポスや宅急便コンパクトは手軽に利用できるため幅広いニーズに対応していますが、サイズや重量制限などに注意しながら利用する必要性があります。

料金設定について

 

ヤマト運輸のネコポスと宅急便コンパクトの料金設定は、荷物のサイズや重量、配達先などによって異なりますが、一般的な料金設定の概要を以下に示します。

 

ネコポスの料金設定

ネコポス1個あたりの発送料は、全国一律料金で税込385円です。 385円を上限に諸条件に応じたお客さまの内容ごとに価格が決まります。 宅急便ネットワークを活用し、全国翌日配達されます。特定のサイズや重量に制限があり一定の重量を超える場合、追加料金が発生します。重さは1kgまでとなっており、厚さは2.5cm以内を対象とし、荷物のサイズや形状によって料金が変動します。詳しくはこちらのサイトをご参照下さい。

 

宅急便コンパクトの料金設定

宅配料金は届ける場所までの距離により運賃(送料)が異なります。資材料金は税込70円となっていて、資材料金は専用ボックス(梱包材)の代金となっています。60サイズよりも小さな荷物を送る際は、とてもお得なサービスとなっています。料金設定の詳細は、こちらのサイトをご参照下さい。

料金設定は通常の荷物を送るよりも小さいサイズに特化して細かく設定したものとなっています。皆様の用途に合わせて色々と検討されるのがベストです。

 

STOCKCRWでは、ネコポスの利用が可能です!宅急便60サイズの価格も宅急便コンパクトより低価格で提案可能です。料金詳細はこちらからご確認ください。

料金の詳細を確認する

宅急便コンパクト、ネコポスについて詳細の解説!

配送サイズ以外のネコポスと宅急便コンパクトに関する、サービス内容を出来る限りわかりやすく説明していきます。

補償範囲は?

ネコポスの補償金額(責任限度額)は、ネコポス1個につき税込3千円までです。 荷物1梱包の価格が3千円(税込み)を超える場合は、宅急便[責任限度額、税込30万円]か、宅急便コンパクト[責任限度額、税込3万円]として預かりとなります。

 

資材の制限について

ネコポスに専用箱や専用資材はありません。 ネコポスで預かる事ができるサイズ内であれば市販の箱や封筒などの包装資材で発送できます。 また、ヤマト運輸の「ネコハコ」からでも推奨資材を購入いただけます。 「ネコポス」はヤマト運輸と契約のある個人間取引サイトで取り引きされた場合に限り、ご利用可能です。宅急便コンパクトについては、専用資材を使わないと送ることができません。専用・薄型専用どちらかの梱包資材を使用する必要があります。詳細はこちらもご覧ください。

 

到着までどれくらいかかるか

ネコポスのお届け日数は、宅急便と同様でお届け場所により、1日(発送した翌日配達)、もしくは、2日(発送した翌々日配達)かかります。宅急便コンパクトも、宅急便と同様のお届け日数で最短で翌日配達できます。宅急便コンパクトは日時指定が可能ですが、ネコポスは出来ません

 

荷物の届き方

ネコポスはお届け先の郵便受けへ投函になります。宅急便コンパクトの場合、配達は対面での手渡しになります。また、営業所止置きサービス、着払いがご利用できます。

 

代引きについて

ネコポスは「郵便受けに届く荷物」のため、宅急便コレクトなど代金と荷物の引き換えとなる決済サービスはご利用頂けません。宅急便コンパクトは、代引き(代金引換)に対応している宅急便コンパクトコレクトのサービスが受けられます。ヤマトビジネスメンバーズの送り状発行システムB2クラウドで発行された送り状のみ利用が可能で、宅急便コンパクトコレクトを利用するには、ヤマト運輸と法人(掛売り)契約と代金引換決済(決済サービス)を契約した法人や各種団体の皆様、事業主のお客様が利用出来ます。

通常の宅急便同様、離島でも別途料金はかかりません。細かなサービス利用上の注意点はありますが、皆様の用途に合わせたサービスを検討するのがおすすめです。発送代行サービスではヤマト運輸と提携し、各種サービスを受けられるようになっています。

STOCKCREWでもネコポス利用が可能です。専用資材の準備や梱包は専門スタッフで対応しておりますのでスムーズに配送可能です。

お問い合わせはこちら

発送代行サービスで利用できますか?

発送代行サービスでは、ヤマト運輸と契約を結んでいます。

 

ネコポスについて解説!

「ネコポス」はEC物流でよく使われるDMサイズの配送サービスで、ポストに投函するサービスとなってます。ヤマト運輸と契約した法人または個人間取引サイト(フリマ、オークション)、EC事業主の皆様が利用できます。ネコポス の特徴はDM便でありながら、ヤマト宅急便と同じ配送網で配達されるため、一部地域を除き全国翌日配送可能なことです。また、全国一律料金というのもEC運営の皆様にとって配送設定が簡単であり、おすすめなポイントです。注意点としては配送時の破損等の補償が3000円であることとポスト投函になるため受領の確認ができない、日時指定も不可な点です。

 

宅急便コンパクトについて解説!

60サイズよりも小さな荷物を手軽かつお得に送れるのが特徴です。配送方法は宅急便と同様で、お客様へ届ける方法は手渡しになります。なお補償制度もありますが、荷物1個あたり税込3万円までとなっています。宅急便コンパクトの最大の特徴は、宅配便サイズで一般的な最小サイズである60サイズより一回り小さいサイズにて配送を行うことで割安にて発送できる点です。他のサービス内容についても宅急便と同様のサービスレベルになっており、コスト面でとてもお得なサービスとなっています。


発送代行サービスでは運送業者と様々な契約をしており、幅広い荷物に対応したサービスを準備しています。ネコポス、宅急便コンパクトにおいても、専用の梱包材の使用、商品に応じた適切な梱包、運送業者との提携にて対応しております。STOCK CREWも同様に各種様々なサービスを用意し、安心してご利用頂けるよう努めています。

1 min read

EC物流とは?EC運営で必須のEC物流を徹底解説!

1 min read

ヤマト運輸の宅急便最小サイズを徹底解説!

EC事業者に特におすすめ!メリット解説!

ヤマト運輸のネコポスと宅急便コンパクトは、特にEC事業者にとって非常に便利で効率的な配送サービスです。以下にそのメリットを説明します。

 

ネコポスと宅急便コンパクトのEC事業者へのメリット

小型の商品を送る際にネコポスや宅急便コンパクトを利用することで、一般的な宅配便に比べて送料を削減できます。これはEC事業者にとって、利益面でとても大きな要素です。 ネコポスや宅急便コンパクトは一定の基本料金に加えて、重量やサイズに応じた追加料金が詳細に設定されています。配送コストが予測しやすいため、事業での予算見積もりも簡単になります。 ネコポスはポストに投函されるため、受取人が不在でも受け取れます。これにより再配達の手間が省け、事業者の皆様にとっても負担を軽減できます。 ネコポスや宅急便コンパクトは小型で軽量な荷物を対象としており、配達の手間が少ないため配送がスピーディーです。これにより、顧客満足度向上に繋がります。 ネコポスや宅急便コンパクトにも追跡サービスを提供しており、これにより配送状況をリアルタイムで把握することができるため、お客様に安心感を与えることができます。また、宅急便コンパクトでは日時指定にも対応しているため、用途に合わせて使い分ける事も可能です。

 

ネコポスや宅急便コンパクトは、EC事業者が小型商品を効率的に配送するための強力な手助けとなります。送料の削減や配送の迅速化は、EC事業者の運営においてとても大きな要素です。用途に合わせて積極的に活用することがおすすめです。STOCK CREWでも、ヤマト運輸と各種サービスで提携を結んでいます。また商品や荷物においての指定資材を利用した梱包もスタッフにて対応しております。また別途サービスもご用意しておりますので、まずは気軽なご質問やお問合せをお待ちしております。

 

まとめ

EC事業者の皆様にとって取り扱う商品は幅広く、様々な商品が存在すると思います。中には小さくて取り扱いに慎重さが必要な商品も数多く存在すると思います。そんな皆様のお悩みを解決できるよう、色々なサイズの商品に対応した発送サービスを運送業者もまた準備しています。発送代行では運送業者と提携し、様々なサイズに対応したサービスを展開しています。

STOCKCREWでもヤマト運輸との提携で、様々なサイズの商品に対応したサービスを用意しております。安定したサービスを常に提供できるようスタッフ一同、日々努めています。皆様の中でまずは気になった点や確認したい内容など御座いましたら、STOCKCREWまで気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら