Skip to the main content.
お問い合わせ ログイン
お問い合わせ ログイン

1 min read

EC事業拡大の秘訣!発送代行サービスを使って物流コストを削減

EC事業拡大の秘訣!発送代行サービスを使って物流コストを削減

本記事では、EC事業における発送代行サービスの利用、物流業務のアウトソーシング、出荷作業の代行、およびそのメリットと運営上の効果のほか、発送代行サービスの選択から事業運営の効率化まで、専門的な知識を解説します。

目次

発送代行サービスの基本知識

発送代行サービスは、ECサイト運営における物流業務を効率化する手段として、近年とくに注目を浴びています。このサービスは、商品の保管から梱包、出荷までの一連の流れを専門の会社に委託するもので、EC事業者は発送に関わる手間とコストを大幅に削減できるようになります。とくに、売上の伸びに伴い物流作業が増加している通販会社やECサイト運営者にとって、発送代行サービスの導入は重要な選択肢といっても過言ではありません。

 

ECサイトの成長と発送代行サービスの必要性

ECサイトの成長は目覚ましく、多くの企業がEC=オンラインでの販売に踏み切っています。このような中、商品の発送と在庫管理は大きな課題と言えるでしょう。増え続ける注文数に対応するためには、効率的な物流システムが必要不可欠です。発送代行サービスはこのような状況において、EC事業者が本来の業務に集中し、より良い顧客体験を提供するための解決策を提供するサービスです。また、物流の専門知識が不足している小規模な事業者や、国際配送を行う企業にとっても、発送代行は非常に有効な方法となっています。

 

発送代行サービスの内容と範囲

発送代行サービスの内容は多岐にわたります。基本的には、商品の倉庫保管、受注管理、在庫管理、商品のピッキング(選別)、梱包、そして出荷までの一連の流れがその内容となります。さらに、返品対応やギフトラッピングなどの付加価値サービスを提供する業者もあります。料金体系については各社異なり、保管スペースの大きさや発送する商品の数に基づいて計算されることが一般的です。発送代行サービスを利用することで、ECを手掛ける企業は物流コストの削減、事業のスケールアップに伴う物流の課題の効率的な解決を実現できます。

1 min read

ロットとは?その意味と物流への影響を解説

1 min read

入庫とは?物流での重要性と入荷との違いを解説

発送業務の課題とコスト分析

EC事業における発送業務は、多くの課題とコストが発生する重要な部分です。これらの課題に対応し、コストを最適化することが事業の成長に直結しています。

 

自社での発送業務の課題とコスト

自社での発送業務は、管理が複雑で、多くのリソースが必要です。おもな課題として挙げられるのは、在庫管理の複雑さ、物流へのコスト、適切な人材の確保、ヒューマンエラー、付加業務の発生、イレギュラー対応の多さ、といったものがあります。これらは、とくに注文数が多い時や繁忙期に顕著に現れます。コスト面では、倉庫の土地代や賃料、在庫管理のための備品や設備、配送トラックの車両代や燃料費なども含みます。

 

発送代行サービス利用時のコストメリット

発送代行サービスの利用は、他の業務へリソースを回せるメリットを創出します。発送に関わる業務を外部に委託することで、物流コストの削減を可能にし、事業の効率化につながります。また、物流機能のレベルが上がり、データ管理が容易になるといったメリットも出てきます。

業者選定時のポイントとしては、管理体制、費用、実績、柔軟性などが挙げられます。費用に関しては、システム利用費、入庫料、倉庫保管費、検品料などを考慮します。くりかえしになりますが、発送代行サービスの導入は、EC事業の物流業務の課題を解決し、事業の成長を支えるための有効な手段なのです。

1 min read

EC成功の鍵!?同梱・同封の違いと広告戦略

発送代行サービスのメリット

発送代行サービスの導入は、EC事業において数多くのメリットをもたらします。これらの利点は、事業の運営効率化だけでなく、コスト削減や事業拡大にも直結します。

 

スペースとコストの削減

発送代行サービスを利用することで、まず大きなメリットとしてスペースの削減が挙げられます。自社で倉庫を保有・運営する必要がなくなり、そのスペースを他の目的に活用できます。また、倉庫保管料、梱包資材費用、配送コストなど、物流にかかる固定費用の削減にもつながります。これにより、財務状況の改善と、事業運営の柔軟性が高まります。

 

コア業務への集中と事業拡大

もうひとつの大きなメリットは、コア業務への集中が可能になることです。物流業務を専門の会社に委託することで、企業はマーケティングや商品開発、顧客サービスなど、本来の事業活動により多くのリソースを割けるようになります。これは、とくにEC事業の拡大と競争力強化に直接的に貢献します。注文処理や配送の効率化を通じて、顧客満足度の向上にも繋がり、結果として売上の増加に貢献することが期待できます。

発送代行サービスのデメリットと対策

発送代行サービスは多くのメリットを提供しますが、いくつかのデメリットとその対策も理解する必要があります。

 

ノウハウ蓄積の欠如と個人情報の流出リスク

発送代行の利用は、自社内での物流ノウハウが蓄積されにくくなることにつながります。ノウハウが希薄になった場合、長期的に見ると、自社で発送を再開した際に問題が発生する可能性があります。また、顧客情報を外部のサービスプロバイダーと共有することで、個人情報流出のリスクが高まる危険性もあります。これらの問題に対処するためには、定期的な研修やワークショップを通じて社内での知識と経験を蓄積すること、そして信頼できる代行業者を選択し、適切なデータ管理とセキュリティ対策を施すことが重要になります。

 

サービスのカスタマイズと最適化問題

発送代行サービスのもう一つのデメリットは、サービスの柔軟性に限界があることです。特殊な商品や配送要件(大型商品や冷蔵・冷凍が必須の商品など)を持つ企業の場合、標準化されたサービスではニーズに完全に合わない可能性があります。こうした問題に対処するためには、自社のニーズに合わせたカスタマイズが可能な代行業者を選ぶこと、または特定の業務だけを外部に委託して残りは自社で対応するといった、ハイブリッドなアプローチを取ることが効果的です。これにより、サービスの最適化とコスト効率のバランスを保てるようになります。

発送代行サービス業者の選定方法

適切な発送代行サービス業者の選定は、EC事業の成功に直結します。この選定プロセスは、費用とサービスの内容を比較し、自社の特定のニーズに合ったサービスを見極めることが重要です。

 

費用とサービスの内容の比較

発送代行サービスを選定する際、まず考慮すべきは費用と提供されるサービスの範囲です。料金体系は業者によって異なり、一部の業者は固定費として倉庫利用料や基本手数料を、また他の業者は発送数や保管される商品の量に応じた変動費を設定しています。サービスの内容には、在庫保管、注文処理、梱包、配送などが含まれますが、追加料金でラッピングや特殊な商品対応などを提供する業者もあります。料金とサービスの範囲を比較し、最適なコストパフォーマンスを提供する業者を選ぶことが重要です。

 

個別事業のニーズに合った選択

次に、自社の特定のニーズに合わせた業者を選ぶことが重要です。これには、取り扱う商品の特性、発送の頻度、必要な保管スペースの大きさ、特殊な梱包要件などが含まれます。また、国際配送や迅速な出荷対応が必要な場合、これらのサービスを得意とする業者を選ぶことが望ましいです。信頼性、過去の実績、サポートの質も重要な選定基準となります。これらの要素を総合的に考慮し、自社の事業戦略と物流ニーズに最適な発送代行サービス業者を選ぶことが、EC事業の成長と効率化に貢献します。

1 min read

【最新版】STOCKCREW完全ガイド

まとめ

EC事業における発送代行サービスの導入は、物流業務の効率化、コスト削減、事業拡大に大きく貢献します。自社での発送業務は、管理の複雑さや人件費、物流コストの高さなど多くの課題を抱えています。これに対し、発送代行サービスは倉庫保管、注文処理、出荷などの業務を代行し、これらの課題を解決します。しかし、サービスのカスタマイズや個人情報の安全性といったデメリットにも注意が必要です。適切な発送代行サービス業者の選定は、自社のニーズに合ったサービス内容とコストのバランスを考慮することが重要です。これらの要素を適切に管理し、最適化することで、EC事業はさらに成長し、顧客満足度を高めることができます。

STOCKCREWは多くのECカートとのAPI連携によって発送の自動化を実現できるだけではなく、業界屈指の低コストで発送代行サービスを提供しています。出荷量が増えてきて人手が足りない、発送コストをできる限り抑えたい、というECオーナーの皆様、ぜひお気軽にSTOCKCREWまでお問い合わせください!

お問い合わせはこちら